堕ちて行くヨーコ


D・S到着まで時間があることを知ると、ガラは忍者に命じ、ある瓶を2つをベッドまで運ばせた。

そして、ヨーコの精液まみれの身体を拭いて行き、股間から流れ出る自分の精子とヨーコの処女血も拭っていった。
「さてと、まだまだお愉しみはこれからだぜぇ?もっと気持ちよくさせてやるよ、おじょーちゃん・・・・」
そう言うとガラはそのうちの一つ、トロリとした液体が入った瓶を取り出した。

そして、瓶の蓋を開けて手に取り、ヨーコの股間へと手を運び塗り込んでいく。
「ん・・・ああん・・・・な・・なに・・・」

「お目覚めかな、おじょーちゃん?」

「っ?!やっ・・・ちょっとなにしてるのっ?!」

「ああ・・・・これか?コレは忍者たちの間に伝えられてる媚薬でな。

こいつをアソコに塗るとどんな女でも、アソコが火照ってよがりだすという逸品さ。」
とヨーコの股間に媚薬を塗り込みつつ答えるガラ。
「なっ?!なんでっ・・キミはそんな・・・・ヘンなモノばかり・・・持ってるのさっ!!」
股間に塗り込まれ感じてしまうものの、何とか堪えつつガラに問い詰めた。
「決まってるだろ?女を悦ばすためさ・・・・・おじょーちゃんもスライムは気持ち良かっただろ?」
一瞬、何度も昇天し続けたことを思い出したが、ヨーコはそれを否定する。
「そ・・・・そんなことないぞっ!ボクは一度も気持ちよくなんてなってないぞっ!!」

「ほお、そーかい・・・・じゃあ賭けをしてみるか?そろそろ薬の効果も出てくるころだしな。

おじょーちゃんが気持ちよくなかったら、その鎖を外してやる。だがよがりだしたら・・・・」

「どーするのさっ!!」

「このあとずーーっと、俺とSEX!!ハメハメしまくりだっ!!もう今夜は寝かさないって感じだぜ?」

「なっ?!ぜったい感じてやらないんだからっ!!」

(もう、これ以上えっちなことされてたまるかっ!ぜったい感じないぞっ!!)
そう心に誓うヨーコだったが、ガラは嘲笑し
「じゃあ、見せてもらおーかなぁ?」
と余裕の態度を崩そうとしない、薬に効果に絶対の自信があるのだ。
「いいわっ!!みてなさいっ!!かんじ・・・ないっ・・くっ・・んんんっ?!」
ヨーコの強気な態度が一転、苦悶に呻き始めた、薬が効果を現したのだ。
「あ・・・うくっ・・んんっ・・・ゃあっ・・・」

(なにこれっ・・・アソコが・・・アソコが熱いよぉっ!!)
ヨーコは火照りだす股間に腰を浮かせ、太股を合わせてもじもじと擦り合わせる。
「あれぇ・・・・どうしちゃったのかなぁ?もしかして・・・・感じちゃっているのかなぁ?」

「そ・・・んなこと・・・・っ・・・ない・・んっ・・・・だから・・・っくっ!!」

「そうか・・・・じゃあちょっと調べてみるかな・・・・・」
ガラはおもむろにヨーコの股間に手を伸ばし、滲み出る真新しい愛液を掬い取った。
「ひあぅぅっ!!」

「さっきも言ったが・・・嘘はいけないぜ?こんなに濡らしちゃって。」
ガラはそう言いながら、掬い取った愛液を見せびらかしそれを指で弄ぶ。
「し・・・知らないっ・・・・そんなのっ・・・・くうっ・・・知らない!!」

「あくまで白を切るつもりなら・・・・・直接アソコを見るまでだっ!!」
ガラはヨーコの両足を取り一気に開いた。
「いやーーーーーーっっ!!!」

「やっぱりぐしょ濡れじゃないか・・・・賭けは俺の勝ちだな。」
ニヤリと笑うとガラは、ヨーコの股間に顔を近づけ愛液で濡れている秘裂をまじまじと見つめる。
「へえ・・・貫通したのにまだこんなに綺麗とは。コイツは犯りがいがあるなぁ・・・・」
犯されても、なお綺麗な色を宿すヨーコの花弁に感動するガラ。
「やぁ・・・見るな・・・いやあっ!!!」

「ココを見るなといわれて辞める男はいないぜ・・・・では、賭けに負けたおじょーちゃんには、お仕置きをしないといけないなぁ?」
ガラは液体の入った小瓶を再び手に取ると、今度は自分のそそり立つ物に塗り始めた。
「な・・何をしてるのよ・・・・」
怯える様な視線で様子を伺うヨーコにガラは
「こいつは媚薬だけでなく、ローションとしても使えるんだ。だがもともと媚薬だからなぁ・・・」
ガラはそこで言葉を区切るとイヤらしく笑い
「男のモノにこいつを塗ってから女のアソコに挿入れると、男の竿を自分から欲しがる様になるんだぜ!!」

「ええっ?!」
ヨーコに戦慄が走る。
「そんなの挿入るなっ!!・・・ああ・・・いやぁ・・・もう・・・・やめてぇ・・・・」

(いや・・・そんなモノ挿入れられたら、ボクおかしくなっちゃうよ。)
拒絶の声に構わず怯えるヨーコに迫って行くガラ。

ガラはヨーコのその姿を見て、逆に気分を昂ぶらせてゆくのだった。
「くっくっくっ、せっかくオンナになったんだ・・・オレともっと愉しもうぜ?」

「ぜったいにイヤ・・・・おねがい・・・これ以上はもう許して・・・・」

「そいつはダメだな・・・オレはまだおじょーちゃんを味わい尽くしてないからなぁ・・・・」
ガラはヨーコの訴えを退け、準備を終えた男根をヨーコの秘裂にあてがった。
「やめて・・・・挿入れないで・・・」

「だめだ・・・・ほぉら、また挿入れちゃうぞぉ。」

「やめてぇぇーーーーーーーっ!!」
ヨーコの悲鳴と共に、ガラは剛直をずぶりと一気に肉壷に埋め込んだ。
「あ・・・あ・・・うくっ・・・・・ああああああぁぁんんんっ!!!」
だがヨーコのその声は、すぐに嬌声に変わっていた。
「やっ!はっ!あうっ!ああんっ!ふあっ!いっ!くうっ!はあんっ!」

(なにこれ・・・ボク感じてる・・・・ダメ・・・・そんなの・・・・だめぇぇっ!!)
ヨーコは必死に否定し首を振るが、ガラに突き上げられるたびに快感が全身を駆け巡る。
「どおだっ?どおだぁっ?ホントはっ、感じてっ、るんだろうっ?」

「そんっ、なこっ・・・・・うっ・・・・なっ・・・いっ・・・・はぁっ」

「強情な娘だっ・・・それじゃあっ、もっと、激しくっ、突いちゃうぞぉっ!」

「なっ?!やっ、やめっ!ひあああっ!はうぅぅぅんっ!ふぁああああっ!」

(やだ、こんな激しくされたら・・・・どうにかなっちゃうっ!!!)
媚薬を内と外に塗りこまれ、ヨーコはすでに快感しか感じることが出来なくなっていた。
「ああっ!あんっ!ひうんっ!ふぅんっ!あああああぁぁんっ!」

「ほーら、おっぱいも揉んじゃうぞぉっ!!!」
ガラは肉壷を貫きつつ、胸を揉みしだく。指の間に乳首を挟むことも忘れない。
「ああああああ〜〜〜〜っ!!あううっ!!ふあああっ!あぁぁんっ!!!!」

(あ・・ああ・・・いい・・・イイよぉ・・・・気持ち・・・イイよぉっ!!)
胸を揉まれる事でヨーコの感度はさらに増して行き、遂にヨーコの中で何かが切れた。
「あんっ!ああんっ!いいっ!はうっ!ああああんっ!」
眼には恍惚の光を湛え、自らも腰を振り始め快感を得ようとする。
「ようやくっ、素直にっ、なったかっ、どおだっ?俺のはっ、気持ちっ、イイだろうっ?」

「イイっ!イイっ!イイよぉっ!!もっとっ!!!もっとぉ〜〜〜っ!!!」

「いい娘だっ!じゃあっ、どんどんっ、突いてくぞぉっ!」

「まだぁっ!!もっとボクを!!その棒でついてぇっ!!グチャグチャに・・・してぇっ!!!」

(欲しい、欲しいよぉ・・・・・もっと気持ちよくなりたい・・・・)
二人の淫らな行為がどんどん激しくなっていく、そして・・・・・・・
「ぬっ、ぐおおぉぉぉぉっ!!」

「ふあっ、あああああ〜〜〜〜〜〜っ!!」
男と少女の叫びが響き、二人は同時に果てていった。

ガラは一息つき、まだ絶頂の余韻に浸っているのヨーコを見やると
「ほんとにイイよ、おじょーちゃん。いままで犯ってきた女でも一番だったぜ・・・」
と満足そうに微笑みひとりごちたその時だった。
「・・・おねがい・・・・・もっと、ボクをよくしてぇ・・・・」
ヨーコは、惚けた表情でそう呟いたのだ。
「そうか・・・・まだ犯る気か・・・じゃあお望み通りもっとよくしてやるよ。」
ガラは笑みを浮かべそう言うと、もう一つの小瓶を取り出し、中から錠剤のような物を取り出した。

そして惚けるヨーコに、口移しで飲ませた。
「そいつも、忍者の秘薬でな。飲めば自分の中に眠っている情欲を引き出すんだ

まあ簡単に言えば、感度が増すってコトなんだがな。即効性だからすぐに来るぜぇ?」
ヨーコは聞いてはいなかったが、その変化はすぐに現れた。
「ああ・・・・ああああっ、はあああ〜〜〜〜〜っ!!!」
身体を反らし、絶叫を上げるヨーコ。

その身体は乳首が痛いほどそそり立ち、股からは大量の愛液が流れ出ていた。
「効いてきたようだな・・・・じゃあもうこいつはいらんだろ。」
ガラは、今までヨーコを拘束していた鎖を外した。

そして、再び自分の竿に液体を塗りヨーコをうつ伏せにすると、腰を上げさせた。
「じゃあ今度は・・・後ろを愉しませてもらおうかな。」
そう言うとガラは、ヨーコの尻を掴みそこに佇む蕾に肉棒を押し当てるとゆっくりと貫いて行った。
「ううっ・・・はぁあっ・・ああっ・・・ああぁあ〜〜〜〜〜んっ!!!」
ヨーコは初めて後ろを突かれたのにもかかわらず、歓喜の悲鳴を上げた。
「ああっ・・・いい・・・・おしり・・・きもち・・・・いいよぉっ!!!」

「よーしよし、いい娘だっ!!今突きまくってやるからな!!」
鈍い音と共に、ガラはヨーコの菊門を激しく突き上げる。
「はぐぅっ!!うはぁっ!!うぐぅっ!!いい・・もっとっ、おしり突いてぇっ!!!」

「くっく、この、よがり様っ!ホントにっ、さっきまで、処女だったのかと思っちまうぜぇっ!!」
己の素養も然る事ながら、媚薬との相乗効果により、ヨーコは快楽の虜になっていた。
「うはあっ!ひぃうんっ!やはっ!ふうっ!ぅはああんっ!!」

(おしりが・・・こんなに気持ちイイなんて・・・・知らなかったよぉっ!!)
今のヨーコは更なる快感を引き出すべく、ガラに尻を差し出し、共に腰を振るばかりだった。
「くうっ♪・・やるなっ・・・尻もっ・・この締り具合とはっ!!!」

「あはっ!!ふうぅっ!!くあああっ!!いっ!!いいっ、いいのぉ〜〜〜!!!」
パンパンという音と共に2人は激しく身体をぶつけ合い、限界まで高め合っていく。そして・・・・
「ぐぅおおおおおっ!!!!!」

「ひゃうううううううっ!!!!!」
ガラは射精す直前に引き抜き、ヨーコの背中に白濁液をぶちまけた。
「尻もこれ程とは・・・ホント上玉だぜぇ・・・おじょーちゃん・・・・」
その呟きにヨーコは息を荒げるばかりだった・・・・・



やがて二人の息が整い始めると、ヨーコがのろのろと這い出し、ガラに近づいていく。
「どーした、おじょーちゃん?」
ガラはヨーコに問いかけるが、それには応えずガラの竿に手を伸ばし上下に擦り出した。
「お・・・おい?」
突然の事なのでガラも一瞬戸惑ったが、その手の動きを察すると
「ふっ・・・そうか、まだコイツが欲しいのか・・・いいぜくれてやるよ
それじゃあ今度は・・・・・・コイツをしゃぶって、キレイにしてくれよ?」

ヨーコは虚ろな表情で、言われるままガラの肉棒を口に含み、精子を舐め取っていく。
「はふ・・・おいひぃよぉ・・・おひんひん・・・・おいひぃよぉ・・・はむっ・・・」」
ピチャピチャとガラの竿を舌で這わせながら、ヨーコは至福の表情で精子を舐め取っていく。
「そうかうまいか・・・じゃあもっと味あわせてやる・・・ほら、コイツをもっと奥まで頬張れよ。」

「はむぅっ、んふぅ・・・・・ふうっ、むふっ・・・・・」

「歯は立てるなよ・・・くっ・・・いいっ、じゃねえか・・・巧いぞ。」

「うふっ・・・・・はふっ・・・・・くふっ・・・ほふっ・・・・」
ヨーコはじゅるじゅるとガラの肉棒を口に含み、口と両手で巧みに上下にしごく。
「よし・・・うっ・・・・いいぞ・・・今度は舌も使えよ・・・・」
ガラの指導の下、舌を使い出だすヨーコ。
「んちゅっ・・・・くちゅ、うちゅっ・・・・」

「イイ舌使いだ・・・・ぬっ・・・・エッチなのはっ、身体だ気じゃないようだな・・・」

「ちゅぷ、ちゅっ・・・・・ちゅぱっ・・・・ねぇ?・・・きもひ・・・いい?・・・いいの?」

「ああっ・・・いいぜっ・・・・・おじょーちゃん・・・サイコーだっ・・・・」
その答えに気を良くしたヨーコは、次第にそのストロークを大きく速くして行く。
「ぴちゅ、ちゅぷっ・・ちゅぱっ・・っ・・・・ちゅぴっ、くちゅ・・・・んんっ」

「そう・・・くっ・・・よく・・わかってるじゃねぇーかっ!!!」
その動きにガラの限界も近づく。ガラはヨーコの頭を掴み、自分も腰を突き入れる。
「んんっ、んんんーーっ」
ヨーコはガラの行為に驚く、が、その動きに即座に対応する。
「ふっ・・・・スライムのときからっ・・・・・思ってたんだが・・・・・・おじょーちゃん・・・・・淫乱の気っ・・・

エッチの才能があるみたいだな・・・・初めてでフェラをっ・・・ここまで・・ものにするとはっ」


「んっ、ちゅぷっ・・・んふっ、ちゅぱっ・・ぢゅ、んちゅう・・・」
ガラの指摘に応える様に、夢中でしゃぶりつくヨーコ。

ガラはその行為に、己の肉棒はもう爆発寸前だった。
「ほふっ・・・・むふっ・・・ちゅぷっ・・・ちゅぴっ・・・はむっ・・・」

「イイしゃぶりっぷりだ・・・よしっ・・・こんなにエッチな娘にはっ・・ご褒美だっ・・・・・

そらっ・・・・俺の精子だっ・・・・・・っくうっ・・・いくぞおぉっ・・・飲めーーっ!!!」
ガラは、腰を激しく動かし限界まで導くと、ヨーコの喉まで竿を突き入れると一気に射精するのだった。
「んんっ!!・・・・んぢゅ・・んくっ・・・・ちゅぅっ、ぢゅ・・・・こくっ・・・」
驚きに眼を見開いたヨーコだが、ガラの白濁液を飲み下していく。
「んん・・・んふぅ・・・こくんっ」
ある程度の飲み下したところで、ガラの竿から口を離した。

ヨーコの口元からは、飲み切れなかった精子が垂れ、実に淫靡な雰囲気が醸し出されていた。

とその時、完全に出切っていなかったのかガラの精子がヨーコの顔めがけて射出された。
「おおっと、悪いなおじょーちゃん。あまりに気持ちよかったんでな・・・・

それしても・・・とっても綺麗だぜ・・・・おじょーちゃん。」
ガラの言う通り、精液まみれのヨーコの顔は、少女とは思えないほどに淫らで美しかった。

するとヨーコは、焦点の定まらない顔で指で口元を拭い、拭い取った精子を舐め取った。
「・・・・おいしい・・・・」
そう嬉しそうに言うと、ヨーコはうっとりした表情になるのだった。

ヨーコのその姿を見たガラは、股間のものに再び硬度を取り戻していく。
「わずかな間でずいぶんとエッチになったもんだ。」
ガラはそう呟くなり、ヨーコの両手を取ると
「悪いが・・・おじょーちゃんのおかげでオレのムスコが元気になっちまってな。もう一戦、犯らせてもらうぜ。」

「ふふっ・・うふふっ・・・あはっ・・・」
ヨーコは淫靡に怪しく笑う。
「そーか、嬉しいか。じゃあ今度はおじょーちゃんが上になんな。」
ガラは仰向けになり、ヨーコの股を自分の下腹部へと導いた。
「さあ、自分でオマンコを開いて、腰を下ろして行くんだ。」
ヨーコは自分の秘裂に指を添え、割り開き、ガラのそそり立つものを膣内へと誘導していった。
「あっ、ああっ、あああああ〜〜〜〜〜〜〜っ!」
ずぶずぶと腰を落として行くたびに、嬌声を上げて行くヨーコ。
「イイ声だ・・・・それにしても、あんなに犯ってまだこんなにキツイとは・・・」
ヨーコの名器に感嘆の声を漏らすガラであった。

そんなガラの声を聞いたのか、ヨーコは妖艶な笑みを浮かべ自ら腰を上下に動かして行く。
「んはぁっ!はうぅぅっ!!ひゃあぁっ!!くぁあっ!!」

「いいぞっ・・・そうだっ、その調子だっ、気持ちいいぞ!!俺もっ、気持ちよくさせてやるっ!!!」
ガラは下から、ヨーコの動きに合わせて突き上げ始めた。
「ひゃうううっ、あああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!」
今までで一番深い結合にヨーコは衝撃に身体を仰け反らす。

だが、それも一瞬で自らの快感を引き出すために激しく腰を上下に振る。
「イイっ・・奥まで・・・くる・・・・もっと、もっと突いて・・・突き上げてぇぇぇっ!!

「くっ・・イイね・・おじょーちゃんのおっぱい・・・揺れて・・・また揉みたくなっちまうじゃねぇか」
突き上げるたびに揺れるヨーコの胸を見て興奮したガラは、その胸に手を伸ばし揉み上げる。
「イイっ!!おっぱいっ!!うあっ、きもちっ!!いい・・よっ!!ちっ、ちく・・・びも・・いじってぇっ!」

「おじょーちゃんっ・・おねだりっ・・しだしてっ・・・もうっ・・・すっかり・・・・インランだなっ!!」
ヨーコの要求に乳首を指先や腹で弄るガラ。
「ああんっ!!ちくびっ!!きもちっ・・・・いい〜〜っ!!!」

「そらっ・・・おっぱいもっ・・・おまんこもっ・・・気持ちイイだろうっ!!」

「いいっ!!・・・・いいっ!!おまんこっ・・・・気持ちイイよぉ〜〜〜っ!!」
歓喜の叫びを上げるヨーコだったが、その欲望はまだ満たされない。
「まだ・・まあだぁっ!!もっ・・・とぉっ!!おね・・・がいっ・・・ボクをもっときもちよくしてぇぇっ!!

ボクをっ・・きもちよくっ・・・させないとっ・・・・っくぅっ・・・・舌かんで死んじゃうぞっ!!」
ヨーコの懇願を聞き入れたガラは、下からヨーコを激しく突き上げる。
「ぬっ!ぐうっ!ふっ!ぐおっ!!」

「んはぁっ!がはぁっ!ふわぁっ!ひうぅぅっ!!ひゃううぅんっ!!」
美少女と男の交じり合う声が共鳴し淫靡なハーモニーを奏でて行く・・・・


「ああっ!!ひうぅんっ!!うぁああっ!!あああ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!」
今まで、ガラがヨーコを犯し行く様を傍観していた忍者たちだったが

ヨーコが髪を振り乱し全身で快感を受け止め、輝く汗をとび散らせながら性交に乱れ行く様を見て
「しかし・・・本当にこれで15とは・・・・・未だに信じられん・・・」

「ああ・・・これほどの上玉をモノにしたガラ様が・・・・羨ましい・・・・」
忍者たちにそう言わしめるほど、ヨーコの淫らによがる肢体は、白く輝き美しかった・・・・・
やがてお互いに限界を悟るとヨーコとガラは激しく交じり合いお互いを昂らせる。
「くはぁっ!はふぅっ!ひうっ!!ううんっ!!うあっ、ああんっ!!!」

「っくうっ!!出る・・・出すぞ・・・・膣内にっ、たっぷり出してやるっ!!」

「ちょうだいっ・・・膣内にっ・・膣内にちょうだいっ!!んはっ、くぅっ・・きてっ・・・・きてぇぇっ!!」

「いくぞっ・・・ぐおぉぉぉぉぉっ!!!!!!!」

「はぁんっ、ぅあああああ〜〜〜〜〜〜〜っ!!!」
ガラは、ヨーコの膣内の奥深くまで突き入れ射精し

ヨーコは仰け反り、絶頂の余韻に浸りながらガラの全てを受け止め続けるのだった。



ヨーコがガラにより情欲の虜にされていた頃、D・Sはようやく炎の剣の間にたどり着いたのだった・・・・


やがてD・Sとの戦いが近いのを悟ると、ガラは身支度を始めた。

ガラの顔には、ヨーコという極上の上玉を味わいつくし英気がみなぎっていた。
「もうすぐオマエの魔法使いがやってくる、そこじゃ俺と奴の戦いが見れないだろうからこっちへ来い。」
ガラはヨーコにそう声をかけると、真新しいシーツをかけてやり、ついて来る様に促した。

だがヨーコは、ガラとは対照的に表情が暗く、涙を浮かべていた。

媚薬の効果が切れ、今までの行為を思い出し、悔しさと恥ずかしさのあまり涙を流すのであった。
「・・・・・・・・・・・・・・・」

(ボク・・・ボク・・・・なんであんなことを・・・・)

「過ぎたことを後悔しても無駄だぜ、犯っちまったもんはしょうがないから諦めな」
自らの淫行を棚に上げてヨーコに言い放つガラ。
「・・・・ううっ・・・」

(アソコに・・・・アソコにいっぱい射精されちゃったよぉ・・・・るーしぇクン・・・・)

「ちぃっ・・・」
ショックで動こうとしないヨーコに業を煮やしたガラはヨーコを抱き上げた。

そして、ヨーコを辱め犯し続けた広間を後にし、忍者軍団と共にD・Sの待つ決戦の場へと向かうのだった。


→戻る

囚われのヨーコのトップへ