金の派閥編〜序章


 港町ファナン。聖王国で王都ゼラムに次ぐ大都市で金の派閥の本部がある要所で。そのファナンにもいまメルギトスの魔の手が伸びようとしていた。メルギトスとの戦いを前に街は喧騒に包まれていた。

「みなさん、敵は街道を進みファナンへと進行しようとしています。我々金の派閥は総力をもって迎え撃ちます。覚悟して臨みましょう。」

議長を務める女性の一声に辺りは歓声に包まれる。大悪魔メルギトスの軍勢との決戦を控え金の派閥の精鋭達は一同に集結していた。そのいずれもが熟練の召喚術士である。

「お母様!」

1人の少女が議長へと駆け寄ってくる。議長を務める女性。彼女をそのまま幼くしたような容姿の少女が。少女の名はミニス。金の派閥議長ファミィ=マーンの一人娘である。

「お母様。私も一緒に闘う。連れて行って。」

ミニスは必死の形相でファミィに詰め寄る。ミニスは先日メルギトスと戦い敗れたトリス一行の一員である。敗走しかろうじて逃げ延びたミニスは金の派閥によって保護された。だが他の仲間達ともはぐれ自分独りだけ安全な場所にいつづける事に我慢ができなかった。

 「ミニスちゃん。」

そんな娘の顔を見てファミィは躊躇う。ともに戦いたいと思うミニスの気持ちは痛いほど分かる。しかし母親として娘を危険に晒す気には到底なれなかった。

「お母様?

気付くとミニスはファミィに優しく抱き締められていた。母に抱き締められるのはいつ頃以来だろうか。派閥の指導者として多忙を極めるファミィは日頃娘を構う余裕がなかった。暇のある日も娘にはむしろ厳しく接していた事の方が多かった。

「ミニスちゃん。ゴメンなさい。」

「えっ・・・?」

呟くとファミィはふところのサモナイト石を取り出し召喚術を唱える。呼び出された雷精がミニスに電撃を見舞う。軽い電撃にたちまち意識を失いパタリと倒れるミニス。

「ケルマちゃん。」

意識を失った娘を抱きかかえながらファミィはやたら豪勢な服装の女性に声をかける。ケルマ=ウォーデン。金の派閥でもマーン家と並ぶ名家の長を務める女性である。

「ゼラムまで援軍の要請を頼みます。それと・・・」

「フッ、そのチビジャリの面倒でしょ。わかりましてよ。」

すかさず答えるケルマ。ファミィは安堵して感謝を示した。自分の娘の身の安全。派閥を預かるものとしてそれは許されないことかもしれない。しかしそれでも愛する娘を死地へと伴うことは出来なかった。そんなファミィの気持ちをケルマはくみ取ったのである。










眠り続けているミニスを連れケルマはゼラムを目指していた。ゼラムには蒼の派閥の本部がある。元来金の派閥とは対立しあう関係にあったがメルギトスの脅威をうけ両者には同盟関係が結ばれていた。

「もうすぐですわね。」

平原、フロト湿原をぬけもうじきゼラムの入り口付近の休憩所に差し掛かるところまで来ていた。召喚獣の力を使い全速力でここまでやってきた。あと少し。ゼラムに辿り着いたら騎士団と蒼の派閥に援軍を頼み、ミニスをマーン家の高速艇でサイジェントまで送り届ければいい。サイジェントには派閥でも屈指の実力を持つミニスの叔父たちがいる。彼らならミニスを守ってくれるだろう。

「まったく、このチビジャリは手間がかかるったらありゃしないというか。」

眠りこけるミニスを見つめながらケルマは毒づく。がその顔はどことなく優しげでもある。ケルマのウォーデン家とミニスのマーン家はたがいにライバル同士の家柄である。ケルマ自身もこのミニスとはよく頻繁に張り合ったものだ。だが今はこの小さな友人のことを大切に思えていた。ミニスの母がミニスを思うと同じくケルマもミニスの無事を祈っていた。

「チビジャリ、戦うのは私たち大人にお任せなさい。貴女は無事で・・・」

「ぐぁぁぁぁぁぁぁ!!」

部下たちの悲鳴が轟く。辺りを不快な瘴気が包んでいる。冷たい腐臭。人ならざる者が発する臭い。

「どうしたのです!!」

ケルマが見回すと部下たちは既に事切れていた。すると死んだ部下がむっくり起き上がり辺りを囲む。

「これは屍人・・・。」

「カーカッカッカッカ!!間抜けどもが来おったわ。待ちかまへているとも知らずに。」

下卑た声が轟く。声の主はガレアノ。メルギトスの側近の屍人使いである。


「カカカカカカ、誰かと思えばいつぞやの年増では無いか。それに・・・ん?」

「年増って言うなっ!!」

年増という言葉にすかさず反応しケルマは怒鳴り返す。

「フンッ!誰かと思えばいつぞやの薄汚い屍人使いではありませんか。また痛い目に会いたいのかしら!いきますわよ!」

先ほどのお返しとばかりに今度はケルマの方が罵り召喚術をガレアノに放つ。

「・・・?キャァァァァァァ!!」

すかさず弾き返された。ケルマは衝撃に吹き飛ばされ体を地面で強く打つ。

「カーカッカッカッカ!そんな術がいつまでもワシに通用するとでも思っていたのかカカカカカ。」

ガレアノの哄笑は響く。だがケルマもまだ戦意を失ってはいない。立ち上がり次なる術を放とうと試みる。

「まだ・・・まだぁ・・・?・・・!!」

ふと見ると既に屍人たちの群にミニスは捕らわれていた。いまだ眠りこける彼女の首筋に刃が当てられる。言うまでもなく人質を捕られた状態であった。

「カーカッカッカ、これでもまだ戦うというのか!」

「クッ、仕方がありませんわね・・・。」





「カーカッカッカ!年増の割りには張りのいい肌をしておるわ。カカ。」

「だから年増って・・くぅぅぅ!!」

ミニスを人質にとられたケルマは武装と衣服を剥ぎ取られガレアノに弄られている。ガレアノの指先は彼女の恥丘を撫でたわわに実った乳房をさする。豊満なケルマの胸に腐臭を発する薄汚い手が這いずり回る。

「カカカカカ、無駄に胸ばかり大きくした雌牛め・・・」

「・・・・・・。」

ケルマは無言で羞恥に耐える。ウォーデン家の家長である自分がこのようなことで辱められる事に屈辱で身体が震えた。汚らわしい悪魔風情に辱められる。耐えがたい恥辱が走る。

「何だ感じておるのかカカカカ!!」

「そんなわけ・・・くぅぅ・・・アァッ」

ガレアノの指はケルマの膣内にピちゃピチャ音を立て滑り込んでいる。いやらしい蜜がケルマの秘所から溢れてくる。同時に責められている乳首は硬くなりケルマの肉体は淫らな雌のものへと変化していく。


「カカカカカカカ!ではいただくとするかカカ!」

「かはぁっ!!」

十分に濡れ細ったケルマの肉壺にガレアノは己が肉棒を差し込む。そのままいっきに奥まで貫く。ケルマの純潔の証をも引き裂いて。

「カーッカッカッカ!年増の割りにはよく締まるぞカカカカカ・・・ン?」

「イギァァァァァァァ!!やぁぁぁぁぬいてぇェェェ!!」

破瓜の痛みに悶えるケルマ。しかしケルマの膣はガレアノの肉棒をガッチリとくわえ込んでいた。ねじ込まれた肉棒を淫らな肉のヒダが食いついて離さない。その肉棒の根元に赤い液体が付着していた。

「カカカカカカカカカカカ!!貴様その年で生娘だったのか!年増のクセに!」


「ひっ、言わないで・・・そんなこと・・ひぃぃぃぃぃぃ!!」

ペニスを締め付ける秘肉の感触に気分を良くしたガレアノは更に強く腰を振ってケルマを陵辱する。ピストン運動を繰り返すごとに膣内の肉棒は逞しくふくれあがっていくようだった。はちきれんばかりにケルマの肉壺を満たしたガレアノの男根は振動するごとにケルマに痛みと絶望と快楽とを流し込む。

「カカカッ!!どうだワシのモノは気持ちよかろう。この雌牛めが!」

「誰が・・・そんな・・・くあぅぅ・・・ひぃぃ!!」

愛液と血液にぬれた秘肉とペニス。両者が擦れあうごとにケルマの意識は飛びそうになる。陵辱に対する屈辱。不覚にも感じさせられている快楽。そんな自分自身に対する羞恥。それらの波がケルマを包む。そして熱を持った汚汁が胎内へとドクドクと注ぎ込まれていった。

(カザミネ様ァァァァ・・・・・・)

絶え絶えしい意識の中でケルマは思い人の名を胸中で呟いた。












「・・・ん、あれっ・・・」

夢うつつにミニスは目を覚ます。母に抱き締められてからの記憶がない。ここはどこかと辺りを見回す。すると視界に惨憺たる後継が映る。

「!?」

「カーカッカッカ!せっかく立派な胸があるのだ。しっかり奉仕するのだ。」

「くぅっ・・・くっ、はぁ・・・」

ミニスの眼に一心不乱にケルマがガレアノのペニスを乳房で挟み込みすりあげる光景が写った。柔らかい弾力の肉のマシュマロが肉棒を包み込み刺激している。恥辱に塗れた表情のケルマがその豊満な胸を掴み奉仕している。

「ケルマぁっ!!・・・きゃうっ!」

ミニスは思わず叫んだ。思わずケルマに駆け寄るがたちまちに屍人兵に押さえつけられる。

「カーカッカッカ!!ようやく目を覚ましたか小娘!この馬鹿女はなぁ。貴様を助けるためにこうしてワシに犯されておるのだ。そこで大人しく見ておれ。カカカ。」

「う・・・くぅぅっぅ・・・キャっ!」

押さえつけられているミニスに答えるとガレアノはケルマの胸に射精する。ケルマの顔に白濁液が掛かり頬を精液が伝う。胸の谷間からは白いスペルマがトロトロと腹へとずり落ちる。顔面を精液でパックされたケルマを責めの手を休めずにガレアノは背後から犯しつづける。

「ケルマぁ!!ごめんなさい!ごめんなさいっ!!」

ミニスは顔面を涙で濡らした。水滴で目の前が見えなかった。ケルマは今自分のせいで犯されている。その事が少女の罪悪感を膨らませ苛む。

「チビジャリ・・・あうぅぅぅ!!」

「ケルマ!」

苦しげながらもケルマはミニスに声をかける。背後を貫く肉棒はより荒々しく膣内を暴れ
胎内を駆け巡る衝動に堪えながら言う。

「勘違・・い・してもら・・っては困り・・ますわ。私が・・貴方のためなんかに・・・くぅぅぅぅぅぅ!!」

ドクンと精液が再び子宮に放出される。胎内に熱い汁が飛び散り子宮の内壁を焼く。そこから休まずに今度はアナルへと挿入された。

「ウ・・ォ・・デンの・・・当主の私が・・小娘1人見捨てたとあっては・・・我が家のな・お・れ・・・うくぅぅぅう!!」

ガレアノの肉棒はケルマの直腸を引き裂かんばかりに責めつづける。菊座を抉られ臀部の筋繊維が引きちぎられるかのようだった。そんな激痛をケルマは堪えながらミニスに話し続ける。

「だか・・・ら・・・貴女が・・気にすることなん・・・あひぃぃぃぃぃいぃ!!」

ついにガレアノの手下の屍人までもがケルマを犯しはじめる。前にも挿入され二本挿しの苦痛にケルマは喘ぐ。肉棒同士に下半身をサンドイッチされる。

「ケルマ・・・止めて。もう止めてぇぇぇぇ!!!!」

ミニスは絶叫した。しかしミニスの思いとは裏腹に屍人兵たちはケルマを激しく輪姦し続ける。ヴァギナにアナルに、胸に口に。体中いたるところをペニスが陵辱し白濁液を撒き散らしつづけた。




「グスッ・・・ケルマ・・・ケルマぁ・・・」

いまだ犯されつづけるケルマを見つめながらミニスはすすり泣くケルマにはもう苦痛の中でさえミニスを気遣って声をかけたときの気高さは残っていなかった。ただ色欲に溺れた雌牛が一匹いるだけだった。

「はぅぅぅうぅ・・・ひぁ・・・イィぃぃぃぃ・・・ふぁぁぁぁぁ!!」

理性をなくした目で前後にぺニスをくわえ込み、口で、手で、胸で肘や膝の股で、全身で肉棒を擦り吐き出された精液をその身に受けつづける。

「カーッカッカッカ。馬鹿な年増だ。こんな小娘を助けるために・・・。」

白濁まみれのケルマ。泣きじゃくり続けるミニスを眺めながらガレアノは続ける。

「小娘貴様にはまだまだ役に立ってもらうぞ。カーカッカッカカカカカカカカ!!!!」

「あぅ、ケルマ・・ケルマぁぁぁぁぁ
!!

屍人達に輪姦され続けるケルマの傍らガレアノの哄笑とミニスの泣き声が響きつづける。


→進む

→戻る

→絶望〜堕天使たちの讃歌トップへ